木材を最も良い状態で加工・造作するには

水分率が低い乾燥材を使うのが最適ですが、

全く水分が無いってことではなく、大気中の水分を

吸収して、木材が生きていることも大事です!

一昨日に良い乾燥木材を仕入れるために

木材市場の奥に保管されている材を

吟味してきました。

乾燥木材

 

乾燥木材

 

まずまずの良質な柱・造作材もありましたので

寸法・木質を確認してこれから建築予定の物件に使えるか!?

図面チェックをして再度 出向いて行く予定です。

 

良い材を買った時って、ほんとワクワクするんですよね !

出来るだけ出世木として使えることを考えるのが

すごく楽しいもんです ぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい)