奈良の名工・西岡常一 棟梁の内弟子である

小川三夫 堂宮大工。  現在、鵤工舎(いかるがこうしゃ)で

若手大工を集め

飛鳥時代の大工から引き継いだ、技と心のある西岡常一棟梁の

堂宮大工としてすべてを継承するため

組織を率いる現代の名工のひとりである。

堂宮大工

 

私は近頃 この『 棟梁 』の映像をよく見ています。

[ 時代を受け継ぐ若手大工の鍛え抜かれた職人の物語 ]

私の仕事場にも弟子がいますので、いつかはこの映像を

一緒に観る機会が早くできれば良いなと思います。