新築現場の和室を私が

大工造作していますが、

そろそろで造作が

完了出来ます 家

 

床の間の造作では

手間を掛けて じっくりと

落ち着いて集中し

細心の注意を払って

慎重に 決定 (OK)

 

床の間の造作

 

造作材には欅(ケヤキ)の

天然無垢材を使っています!

 

材料保管倉庫で10数年以上の乾燥を

させた材を、作業場で最も良い部分を

吟味して加工しています。

床の間の造作

 

地袋棚板以外はすべて

欅材で造ります。

欅の特徴の杢目紋様は

如鱗杢(じょりんもく)と言います。

 

欅は色艶を合わせるのが

大変で…産地や育ちの環境によって

杢が均一でないので、

造作材を加工すのには

必要数以上の材を何本も

粗加工して選別します!

 

それも「こだわり」の一つです!!

 

床の間の造作

 

 

床の間の造作

 

 

地袋・天板・前板・床框の造りには

私のアレンジも入れて、

この家の全体仕上がりの バランスや

雰囲気を考えながら

造作にしようと決めてて…

イメージを大切にしながらの

施工です。

 

床の間の造作

 

造作は もう少しで完了です。

新築が完成した時に見る

和室も楽しみの一つです わーい (嬉しい顔)