4月初旬に建前・上棟予定の新築住宅の

基礎工事を行っています。

新築住宅の基礎工事

 

鋼製の型枠を使いコンクリートの型枠目違いを

出来るだけ少なくすることと、コンクリート表面の

仕上がりも綺麗になるようしています。

新築住宅の基礎工事

 

 

間仕切り壁部分以外にも型枠パネル設けて

基礎を立上げて床土台の補強も行い

耐振補強をしています。

新築住宅の基礎工事

 

今週中にはコンクリート打ちを行い

来週から外部廻りの給水・排水配管工事へ

進める予定です。

 

建前・上棟日は現在 並行して構造躯体木材を

加工していますので、その進捗状況をみて

日程を決めていく予定です。

 

今回も丸太梁や骨組み補強の木材、そして大黒柱など

材積も多く、見ごたてある構造組みにしています。

新築木材の墨付け・刻み

 柱・大黒柱材は全て檜材で

リビングの一部分には化粧大黒柱の杉杢・柾目材を

使うことにしています。

 

LDKには化粧柱が多く見せることになるので、

一部分に杉杢柾目柱を立てることで、

杉杢目の柔らかさと温和な肌間感を活かして

癒し感を出したいと考えています。

 

新築木材の墨付け・刻み

墨付け・刻みも手間が掛るので、もう少し仕事が

進めれば日程決定が出来ることでしょう。