3月4日(日)は松山で愛媛県建設労働組合の

講習会へ出席してきました。 本

松山市で講習会

 

 

【 建設・建築業の取り巻く現状 】

今、そして今後の現実的な人手不足にどのように!?

対応していくのか?! 対策はあるのか?!

 

今、建設就業者数と業者数が激減し

慢性の人手不足

 

現在 55歳~65歳の就業者は業界の約30%

   65歳~以上の就業者は約25%

    合わせて55% double exclamation  が・・55歳以上~の業界 double exclamation

 

地方では5年後 exclamation・・・都市では10年後 exclamationには

職人が約半分となる予測です バッド (下向き矢印)

[ 現在でも20歳代においては全体の1%前後 ]

これでは、どうにもならないのが現状です。

 

現在もそうですが、仕事の依頼があっても

工事を受注できない。工期の約束ができない。

見積りにも相当な時間が掛かってしまう。

などなど・・深刻な状況になっています。

 

松山市で講習会

今回の講習会で、数多くの業界分析データーを

基に解説を聞き、今後の対応について

何を準備するのか exclamation and question 大きな課題が

立ちはだかる現実を実感しました。

 

最後に・・これから、

業界・政府の取り組みについての

提案・対策などの報告を受け、

業者・職人が今からでも早急に

進めていくしくみを着実に準備して

行くことが重要です。