先日 リフォームの依頼があり

施主様と打合せを行いました。

父が手掛けた家

 

築40年くらいになると思います。

父が手掛けた家

 

 

今ではほとんど施工されな二間続きの座敷

父が手掛けた家

 

 

私の父が手掛けた家を

リフォームで また新たに施工させていただく事の

重みと嬉しさ感動を覚えます。

自身の自覚をも噛み締めています。

父が手掛けた家

 

実は私はこの施主様の新築を父が 

依頼を受け、施主様との打ち合わせの時に

父と一緒に

自宅に行った記憶が残っています!

 

今も鮮明に覚えています!!

小学生の時でした。

 

今は私も50歳代

そして大工家の跡継ぎ

まだ父も現役の大工で一緒に仕事を

行っております。

 

この親子の仕事期間を

私自身 とても充実していると最近

思っています。

 

今回のリフォーム依頼は

施主様とは息子世代のお付き合いと

なりますが、まだ父も元気ですので

親子二代に渡っての仕事を

感謝の気持ちを忘れず実現したいと

思います。