【建築・建設業の職人が激減で人手不足が深刻】

昨日 この問題についてテレビのニュース・報道を見ました。

私もこの事は現実として、いつも感じています。

今年の国土交通省の報告書の中で、大工職で25才以下が

1%を満たない。100人に1人もいないってことなのです。

 

大工技能者は、この10年間で30万人減少してて

現役の手の良い大工は50才~70才代がほとんど!

あと10年もしたら・・半数以上が60才以上!!

 

仕事の依頼があっても請け負う事が出来ない。

大工以外での建築職人も不足で仕事が、詰まりに詰まり 順番待ち

もう既に大変なことになっているのが現状です。

 

 

20~30年前では大工は手作業で墨付・手刻み‣規矩術を学び

すべての木造建築に対応出来る技術・技能を基本的に持っていた時代

  現在は新築住宅では、構造と造作部材はプレカット加工品の既製品化

よって、プレカット加工の普及で手間要らず。

鉋(かんな)手鋸(のこ)・鑿(のみ)要らず・・道具要らずで

電動工具を使うことが主流となってきたのです。

 

これから大工職については、多種多様な工法や専門性などを

細分化して能力のレベル化や評価基準化も検討されており

私自身は弟子から修行をして今に至っており、大工をレベル化

するって非常に悲しい出来事だと思います。

以前は

職人はちゃんと修行し、弟子抜けすれば、棟梁・親方を目指し技術・技能を

いくらでも向上することが出来る現場や仕事・土場がありました。

今の時代ではそのような仕事が限られ、技術向上は頭打ちで

標準レベル化されることは、ほんと悲しいですね!

 

話しが難しい方向にハマってしまいそうなので・・・

えぇ~っと!! 先日の上棟では 僕と弟子とで

新築注文住宅の上棟日

 

上棟式の準備を、二人で行いましたが

これも弟子としては、ワクワク・ドキドキですよ!

棟梁の上棟式の手伝いは、そんなに経験できない。

棟梁が全部 用意していくことが多いし、

指名してもらえないと勝手に手を出せないもんで。

上棟式

 目でちゃんと見て ・しっかり聞いて・・覚えるチャンスは

確実に覚えていく心構えが最も大事

新築注文住宅の上棟式