先日 木材の仕入れの為に

セリ市に行ってきました。

木材の仕入れ

 

まずは檜材の柱と土台を

仕入れます。

木材の仕入れ

 

今年の新築予定の材として

乾燥材で木質の良い材を吟味し

購入後は

倉庫で更に乾燥保管をして

使う時に木材のクセを取り除く

加工して使用します。

 

これは檜の長尺6mで175㎜角の

木材の仕入れ

特寸材です!

構造躯体の骨組み部分の

長尺一本通しに使えると思い

6本を購入です。

 

背割りのない乾燥材で

とても程度の良い状態でしたので

気に入り購入しました。

使う時はどの様に軸組するかを

考えて、木を活かす使い方を

十分に検討したいと思います。

 

 

『 タブノキ 』を仕入れしました!

暖かい地域に育つ木材で

九州産のタブです。

木材の仕入れ

 

この材は赤身が強く【 紅タブ 】と言われます。

[ シロタブ ]もありますが、紅タブは珍しく

評価も高く、面材の化粧仕上げでは

価値ある杢目が出てきます!

 

木材の仕入れ

板厚も十分にあり幅も広く、これなら

化粧仕上げで削ると綺麗な杢も出て

クセもなく、何よりも乾燥されてて

すぐに使える材です。

 

一度 作業場で粗加工を行い

少し再乾燥させてみて状態を

確認するつもりです。

造作するのが楽しみです!

 

最後に、

セリ市で材を仕入れるのには、

材木を自分で加工・造作をして

材木の木質や特徴を知り、また産地や

製材の出来栄えを見抜く経験が

必要です。 私もまだまだ経験を重ね

多くの木材を使ってみたいと思います。