日 親戚の葬儀があり

その時のお坊さんから聞いた言葉から・・・。

無駄な知識はいのちとり !今やるべき事!』

役に立つ知識は宝になりますが

何の役にも立たない知識はいっぱいある。

世の中では、テレビや週刊誌などから

興味本位に情報が流されています。

それらは、欲望をあおって不安をかき立てるだけの

無用ないらないものもが多いのです。

無駄な知識は不要なだけでなく

かえって、いのちとりにもなります。

あまりにも余計なことを考えすぎて

妄想が膨らんでしまう。。。

そのため、今やるべきことがおろそかになって

いつも不安と焦りで追い立てられているような

生き方になってしまうことがみられる。

知識は増えれば増えるほど、良い人もいますが

その人の人生・暮らし方・必要量にも個人差があり

必要で無いその知識はいつか消えてしまいます。

欠かせないものは、知識ではなく、智慧なので

智慧とは、その瞬間その瞬間に

正確に何をなすべきか、ひらめくこと。

この言葉 僕には哲学っぽくて少し難しいのですが

奥が深いんじゃないかなと、思いましたが

あまり深く考えないことも この言葉の意味かもしれませんね!。