4月中旬頃に建前・上棟の予定の

和室の見せる柱(化粧柱)や大黒柱の

加工を弟子と私で行っています。

大黒柱と和室柱

 

これは柱の粗加工で、仕上がり寸法より

大き目に削り、木材の曲がりや反りなど

柱のクセを取り除き

真っ直ぐに加工します。

大黒柱と和室柱

 

粗加工が出来ると、柱の建てる向き

[ 部屋の仕上がった時の見える向き ]・

[ 方角 ]を決めます。

【 番付け 】と言います。

大黒柱と和室柱

 

 

番付けが決まれば

構造材として組み込む為の

加工を始めます。

 

一本の化粧柱を仕上げるには

数工程の加工を経て仕上げます。

 

たいへん手間を掛けますが、

その分 出来上がった時は

とても存在感のある柱となり

意味深いものとなります!