作業場では構造材に使われる檜材を

自然乾燥させています。

木材の自然乾燥

 

 

秋から冬へと湿度も低くなり、

乾燥してきた外気に陰でじっくりと

木材を保管していると、じわじわと乾燥を

始めます。

 

今月の建前・上棟を迎える新築住宅でも

昨年から乾燥させていた檜柱材を使っています!

木材の自然乾燥

 

 

今も来年に着工予定の新築住宅へ

使うことも考え

作業場で乾燥させています。

 

木材の自然乾燥

 

 

下の写真の板材も十分に乾燥させてから

捻じれやソリなどの癖を出して

使用すると時に真っ直ぐに削って

から使います。

木材の自然乾燥

 

今週末には大黒柱を数本 別の保管倉庫から

出して乾燥状態をチェックする予定です。

 

大黒柱や化粧柱・化粧梁を事前に確保して

乾燥させる作業は、近頃の住宅建築では少なく

なってきていますが、いざ!使いたい時に

気に入った材が無いことは大工としても

悲しく辛いので出来る限り、ある程度の樹種と

サイズはストックし いつも自然乾燥させて

保管しています。