昨日、四国中央市まで、現場打合せに出かけた時の出来事です。

僕は四国中央市は あまり詳しくないので、現場まで迷うことなく 時間までに着けるかどうか!

少し不安で新居浜を出発しました。

土居町までは順調に国道を走り さぁこれからです。 旧三島市内に入り、旧道や別れ道 

そして細い農道などの網目の様な道を通って行かないといけません。

あぁナビがあったらなぁ。 なんてつくづく思いながら不安一杯で走っていました。

ちなに僕の車は現場用トラックですので ナビは付いてませんし、

エアコンも ほとんど効かない車で、日昼はエアコン風量最大で窓全開で走ります。

現場付近の地図は事前に貰っていたのですが なんせ、現地の200300m近郊の拡大図の

地図ですので、土地勘のない僕には 全く方向が解かりません。

とゆう事で、通行人に聞きながら少しずつ 少しずつ現地へ近づいていたと思います。

『親切な人』とは その時に道を教えて頂いた方です。 僕はメチャメチャ焦っていた状態でしたから・・

なぜなら約束の時間まで、3分前で・・・ウルトラマン的表現で言いますと・・・カラータイマー赤の

大ピンチ状態!!  尋ねたこの方は、僕の地図を見て『ちょと待っててね!』 と言って、

家に入り住宅地図を持って来てくれたのです。

[マジ!・・びっくりです!] そして僕の地図までのルートを詳しく解かり易く教えてくれたのです。

なんて親切な人なんだろうと、感謝と感動でした。 焦っていただけに、凄くうれしかったです。

僕も日ごろから道を聞かれる時は まれにあり、出来るだけ解かり易く伝える事はしてますが、

ここまで丁寧に、優しく親切には できません。

忙しい時や手が離せない時などは、なおさらですよね!

その後 目的地までは、かなり近くまで来ていたこともあり 迷うことなくスムーズに現地に着きました。

5分程度の遅れは有りましたが 問題なく打合せも無事に終了でき ・・・[ほっと・・・]です。

もともと自分の段取りが悪いのが、焦りの始まりなんですね!

以後!気を付けないと駄目ですね!痛感です。。 その日は自分のミスも、さておき

親切な方の感謝と感動で、一日とても気持ち良く感じながら過しました。

僕もいろんな場面・状況で、親切に対応できる人に成れる様に努力したいと思います。