地元校区の中学職場体験学習があり

山内建匠にも男女3名の学生がやってきました!

二日間の体験学習です。

 

工務店仕事では二日間のみですから、

本来の建築現場での体験としては

期間があまりにも短いので

どれだけ!? 体験出来るのかは・・・?

ちょっと不安ですが、 

事前に生徒とは打合せを行いタイムスケジュールを

組んでの実施にしました。

 

初日の午前中は住宅建築の設計・木材の特性などを解説

実際にいろいろな形の物を三角投影法を使って

中学校職場体験学習

 

 中学校職場体験学習

展開図を書いてみたり、木材の特性表を解読してりしました。

 

午後からは異なる木材の特性を知るために

鋸(ノコギリ)で手切りしたり・・

尺金(さしがね)と鉛筆で墨付けしたり・・!

 墨付け木部材を機械で穴加工してみたり!

 

[ 午後からの作業の様子 ]

中学生の職場体験学習

 

作業場で木部材の継ぎ手を造り

実際に仮組立てもしてみました。

中学生の職場体験学習

 

本当は、鑿(のみ)と金槌(かなづち)で

穴掘り加工したかったのですが、

時間と安全性を考え 機械加工の体験だけに。

 

夕方からは新築住宅の間取り設計の

ポイントを解説し終了。

 

二日目は朝から

『 今! 自分が住みたい家 』の間取りを考え

実際にパソコンを使い建築ソフトで製図化

今年の生徒は設計能力が高いと感じ

間取り以外に立面図まで仕上げることにしました。

 

生徒たちのラストは

「 最後の宮大工」と言われる『 西岡常一 』棟梁の

飛鳥時代から受け継がれる 日本の木造木組み技術の

素晴らしさ!

その飛鳥の木組みは世界最古の木造建築物で

これからもまだまだ存続される法隆寺の姿

 

その『 西岡常一 』棟梁の生涯のDVDを観て

全スケジュールが終わりました。

 

最後に私から

今 建築業界でも人手不足と、熟練工の引退で技術を

承継することが難しく 将来が不安視されている業界です。

今回の様に学生・若い人の職場体験学習を通じて

一人でも多く建築の世界に興味を持っていただき

後世へ受け継いでいく人がいてくれれば大変嬉しく思います。