耐震性向上のための基礎的な

解説と演習 そして最新告示の情報を

理解するために。

耐震性の向上の為に

 

 

ところで

先日も北海道で地震が発生し

ここ数年間で大きな揺れの地震が

頻発しており、自分としても

建築に携わっていることから

木造構造の耐震性向上を図りたく

最新版の解説書を購入しました。

上段の本は以前のもので

  下段のものが最新版です)

 

最新版が 昨日 届いたので早速に

内容を確認し理解を深めたく

思っています!

 

この本は木造軸組工法の

住宅構造規定を解説しており

建築基準法令の[ 構造強度 ]・

[ 構造部材等 ]の仕様規定を解説

 

耐震性向上の基本は

◎壁量の確保・◎壁配置バランス

◎柱の接合方法

いわゆる構造部と

 

☆基礎・屋根・土台・柱径・梁の刻み方法

☆筋交い・火打ち材の設置

☆各部材の品質と耐久性能

などの仕様規定があります!

 

難しい話と言えば…そうですが、

厳守しなければならない事ですので、

しっかり熟読し 施主様や自分の為にも

理解を深めたいと考えています。