現在 新築の構造材をすべて手作業で加工するための

木材に墨付けを行なっています。

吹抜け廊下の梁に使われるのは 『 欅 (けやき)』 材です。

sshpdsc_0037

『 欅 』は落葉広葉樹で、材は重堅で耐湿・耐久性にすぐれ

国産材としては最も高級・良質で、神社などの社寺建築に重用されたり

農家の入母屋建築の大黒柱などに用いられています。

『 欅 』の特長は、木目模様が他の木材にはない独特の光沢ある木肌と

紅黄灰色で・・・絶妙な風合いと重堅さが 先人達に認められ使われてきました。

今回 木造平屋建ての新築では、この欅を梁として

四面方向すべて見せる形で使用します!

10数年前に本欅の原木を仕入れ 作業場倉庫で乾燥させていましたが

木のそり・狂いも落ち付き いよいよ使われる時期が来ました。

sshpdsc_0042

今日は この欅材を荒加工し墨付けをしました!

建前までに手加工で切り組み 鉋仕上げをして上棟を迎えます。

sshpdsc_0040