新築の構造躯体の木材の 『墨つけ 』 をしています。

墨つけとは、木材の各部材の製作加工や木組みするために

木材に直接 加工寸法の、けがき線を引く作業です。

今回の新築は全て手作業で構造材を加工し

建前(上棟)まで行います!

今 僕は 墨つけ 作業をしていますが、帰宅すると事務仕事の合間をみて

自分自身の墨つけ技術や技能の向上のため、専門書を改めて見直しています。

sshpdsc_048

sshpdsc_046

sshpdsc_0047

木材と木材を接合するために 加工された部分の継ぎ手を

『 仕口 』 と言いますが、今回は新たな仕口で木組みしたいと考えています。

頑張ってみます!!