僕が造作しているリフォーム現場は その昔お庄屋さんで、

庭には以前 屋根に葺いていた瓦を飾っていたり

 

 

 

 

 

母家や長屋門・納屋には昔の瓦を

今でも使っていて それも種類や形状や造られた時代がほとんど違い

僕には見ているだけでも・・まったく飽きがこない!

 

 

 

 

 

 

昔の手仕上げの瓦」の持つ、味があったり・・歴史を感じたり・・と、

今では、見たり手に触ったりする機会がめっきり少ないので

なかなか貴重で かつ 自分の知識の蓄えにもなりそうで

興味深々で毎日仕事の合間に眺めています!

現場に通っている間にいろいろ調査してみようかなっと!!