保国寺について書くのも、これで3回目になりますが よくここまでお寺について

御住職さんに聞いていたもんだな!って思っています。 自分でも びっくりしています。

御住職さんに教えて頂いた話は、今回で最後になります。

       《 出来るだけ解かり易く簡単に書きますので読んで下さい。 》

前回の記事からの概略保国寺は奈良時代に聖武天皇が、国家安定の為に仏教の信仰を

進めることを 目的として 西条市中野に創建されたのです。

今回の記事は、ここから:↓

保国寺は 当初 天台宗であったのですが 鎌倉時代に 仏通禅師によって 

臨済宗に改められたのです。

その仏通禅師の 肖像彫刻は 昭和46年6月22日に国指定重要文化財の指定されました。

仏通禅師の肖像彫刻は、当初は東福寺に安置していましたが江戸末期に、保国寺の臨済宗開山者

でもあることから保国寺に移されたそうです。

昭和45年11月には アメリカボストン美術館に出展されたり、日本東京国立博物館にも出展されて

いました。    【 仏通禅師の 肖像彫刻を見せて貰いました 】

仏通禅師の仏像(国指定重要文化財)

仏通禅師の仏像(国指定重要文化財)

       【解かり難いのですが、左側奥にある仏像が仏通禅師像です。】

肖像彫刻は『黒仏さん』と呼ばれ、黒塗りで肥満ぎみの体形ですが いかにも生身の体を

見ている感じです。  今で言う メタボな体形で、重量感のある風格が何とも言えません!

彫刻で、ここまで表現出来るとは すごいなあ!!  と、芸術的知識の無い私にも、

解かるほどですから、やはり すばらし仏像なんだなぁーと思いました。        

保国寺の○本山は京都 慧日山(えんにちざん)東福寺

○本尊は 阿弥陀如来(あみだにょらい)です。       

阿弥陀如来仏立像

阿弥陀如来仏立像

  【これもかなり解かり難いのですが中央が阿弥陀如来仏立像です。】

その後 天正13年(1585年:安土桃山時代) 焼夫

文禄4年(1595年:安土桃山時代) 洪水で姿形とも無くなった。 その後は 明治時代まで

時代ごとに再建~新築と行われ復興して行ったそうです。

そして 平成時代になり 平成の大改修として 予算3億5千万円を掛けて 

寺のほぼ全域の建屋・諸施設を 平成12年から平成20年まで 実施されました。

保国寺 山門

建替えられた保国寺 山門

床の間

床の間

お寺の中に、床の間の部間があり、すごく良い 床の間 でしたので画像アップしてみました。

床の間の中の壁は塗り替えていますが、床の間 自身はかなりの歴史を踏まえている思います。

一般の方々では、まず わかり難いと思いますが 大工の私から見て 何とも言葉で

表現し難いのですが、この床の間は、落ち付きと、癒しと、安定感がすばらし床の間でした。

写真を撮ってからも 一人で じっと ぼっと眺めてました。  とにかく、癒されます。

仕事で床の間の造作がある時は必ず参考にしたいです。

 【祖父母の法事にて、お寺で御住職さんから、お聞きした保国寺の話は これで終わりになります。】 

最後に…

檀家である私にとっては今回の出来事は大変、意味のある事でした。

一般的には自分の家の、お寺の歴史や謂(い)われ、などは知らない方が多いのではないのでしょうか!

皆さんも機会有れば、自分の家の お寺について、御住職さんに、いろいろ聞いてみてはどうでしょうか!!

 【 興味無い事でも、一度お聞きすると結構、面白くて次々と知りたくなりますよ!! 】