今年の1月に観た映画です 映画

介護・福祉

 

大泉洋が主演の映画

『 こんな夜更けにバナナかよ 』

 

筋ジストロフィーにかかりながらも

自らの夢やライフスタイルを

素直に生き抜く実話の人間ドラマです。

 

映画の内容を素直に

楽しむことは当然ですが、

僕の場合は

介護ボランティアの人々や家族の

主人公への、接し方・手助け・生活動線などを

じっくりと観察するように観ていました。

 

ちょうど仕事で介護のための

住宅改修工事中でもあったからです。

 

私自身 福祉住環境コーディネーターの

有資格者でもありますので、

バリヤフリーだけではなく

手足・身体の症状に適した

改修が重要だと!

その所は十分理解はして

いますが映画を観て

更に考えた次第です。

 

現在も高齢の方々が使用する

公共施設のトイレ改修工事を

行っていますので役に立てればと

考えております。