昨日 コンビにのBOOK棚で ふと目に留まった本があり

中身をペラペラと見てて、読み込んだページがありました。

紹介しますね!

相手を許さないのは、「自分が正しい」と思い込んでいるからです。

しかし、「自分が正しい」というのは、この世ではあり得ないことです。

ケチをつけようと思えば、誰にでも付けられます。

しかし、その権利が自分にあるのかどうかです。

よくみれば、自分だってよく間違えるし、失敗するのです。

全てのものは不完全。

何ひとつ完全なものはない。それが真理です。

「いかに完全に近づくのか」という事が、生きる道です。

その道は限りがなく、一生続くのです。

何か僕の心のなかで、いろいろ想像したり・考えたりと

何回も読み直しをした言葉でした。

《 仏陀(ブッダ)の教え 》からでした。