二週間ほど前に テレビCMでお馴染みの『 窓を考える会社 』

サッシメーカー【YKK 】の新製品プレゼンテーション2015

が松山のアイテム愛媛で 行われ参加してきました。

 

樹脂サッシ

 

窓全体を樹脂で作ったサッシ(ガラス部分以外のフレームすべて)

冬は野外の冷たい空気を室内に伝えにくく、室内の暖かさを逃がさない。

夏は日射熱をシャットアウトし、室内の温度が上がりにくい。

断熱性能の高い窓は、部屋の保温効果を高め

1年中過ごしやすい室内環境を保ちます。

 

樹脂サッシ

 

 

《 コールドドラフト 》

コールドドラフトとは、窓辺りで冷やされた空気が

下降気流となり足元に流れたまっていく現象。

空気には暖かい空気は上に、冷たい空気は下へたまる性質が

あり、冬の室内温度には、床部分と天井部分に温度差が出来て

暖房機の設定温度と違った体感となり

快適さを十分に満たさないことがあります!

 

樹脂サッシ

 

樹脂サッシを使うことで、フレームの熱伝導率が低く抑え

窓周辺の温度を下げることを妨げて、少しでも部屋の温度差を

少なくすることが目的になります。

 

窓ガラスが2重のペアガラスが主流になった近年ですが、

樹脂サッシには3重のトリプルガラスもラインナップされ

断熱性能を上げて、光熱費削減と結露対策にも

効果が大きいとされています。

あと数年で・・・

住宅の使用エネルギー量を計算して、その効果を確かめる

住宅燃費にも取り組む時代が確実にやってきます! 家