現在 新築工事中の現場では

私は仏間・神間・押入の大工造作を行っています。

 

今日は仏間の化粧部材の大まかな構成部分

造作しました。

 

【 以前に造作した仏間の完成画像です 】

新築の仏間大工造作

 

新築の仏間大工造作

 

 

新築の仏間大工造作

 

 

 

今回の現場では座敷・左官塗り聚楽(じゅらく)真壁ではなく

洋間との併せてた和意匠の部屋ですので

少し考え方を変えて、住宅全体の仕上がりイメージを考慮した

仏間・神間・押入・建具デザインで仕上げたいと

考えて造作を行っております。

 

【  今日の仏間造作 】

化粧木材は欅(けやき)をメインに構成し

部分的に櫻(さくら)・杉板(すぎ)を使います。

新築の仏間大工造作

 

 

 天井部分の廻り縁は杉の磨りだし面皮部材

天井板は欅と杉(赤身の細目柾目板材)を使ってみました。

新築の仏間大工造作

 

新築の仏間大工造作

 

 

玄関の天井も(赤身の細目柾目板)

あと一部分の部材を取付すれば

大工造作は完了です。

新築の玄関大工造作

 

施主様の希望でもある無垢天然木材を

使った住宅創りですので、木材の木柄・木質には

私のこだわりも入れて造作を行っています。