新築の構造材を手作業にて加工するために

作業場に木材を搬入して墨付けをしています!

sshpdsc_96

墨付けとは… 製材された木材の歪や曲り・癖などを、上手に見抜き

骨組みが強靭になるように木取りし(木材の方向・勝手 が大事です! )更に

木材を部材単位に分類して、大工道具の象徴である墨壷(すみつぼ)と

差し金(さしがね)・墨さしを使って…木材の1本×1本に手書きで

加工寸法や組立情報を、ケガいていきます!

sshpdsc_0097

sshpdsc_01051

墨でいろんな記号やマークが書かれていますが、数多くの種類が有りますから、

覚えるだけでも経験と熟練が必要です。

sshpdsc_0098

これから、柱や土台の墨付けも始めます。

上棟まで頑張って作業いたします!