平成28年2月26日~27日予定

新築の建前・上棟のために、構造材躯体の梁や柱の

加工に入っています。

[ 屋根を受ける梁丸太の加工 ]

新築住宅の構造材躯体材の加工

 

長さ8mの丸太梁を建物の端から端へ一本通しで2本

屋根構造(小屋組み)の中に切組んで納める予定

新築住宅の構造材躯体材の加工

 

 

玄関屋根を受ける梁として

切組み刻みを行っています。

新築住宅の構造墨付け・切組

 

 

屋根に使う部材を製材していただき、作業場に搬入しました。

この部材も乾燥させて、そり・曲がりなどの癖取りを行います。

新築住宅の構造墨付け・切組

 

桧柱材の角付け寸法決めの加工は出来ました。

これから細かい加工を行います。

新築住宅の構造墨付け・切組

 

 

現場では今日から地盤柱状改良工事に入りました。

[ 地盤沈下を抑えるための工事です。]

新築住宅の地盤柱状改良