大樹:コガノキ

大樹:コガノキ

間近で見ると、まさしく鹿の子木肌

間近で見ると、まさしく鹿の子木肌

南にそびえる石鎚山系の黒森山に系連し、この地区のふもと大野山へ、父と母そして西隣の方と

4人で大樹を見に行きました。

大野山には、山の主でもあろう大樹:コガノキがあります。僕はこのコガノキを、ひと目見たくて

西隣の方にお願いして連れて行ってもらったのです。

コガノキまでは林道から車を止めて,桧・杉の山林の中を20分程歩いたと思います。

歩く道は、ある程度 整備され、登山をされない方でも行くことは出来ると感じました。

コガノキは、木々の薄木漏れ日の中から目の前に一瞬で現れます。

           それは・・・それは・・・雄久しく息をのむ程の大樹です。

           山の斜面に荒々しく根張り・・・それは本当に凄いです。

この山の歴史を全て見て来た・・何とも言い表わせ出来ない 風格を漂わせています。

今でも思い出すだけで、生命の力の凄さに 身震いを感じます。

自分にとっての、人生の歴史や生き方を考えさせられる出来事でした。天然記念物だと思います。

           このコガノキの雄久・悠久しさを褒め称えてあげたいと思います。