壁の塗替えです。

  築50 60年前からの壁を塗り替えますが

  壁下地もかなり傷んでいますので

  下塗りを新たに塗ります。

〔 壁の表層を剥いで下地を出します 〕

〔 下塗りの石膏を塗りました 〕

建具が入る間仕切りの 床側には敷居(しきい)と言う木材があり

上部の垂壁の部分下バには鴨居(かもい)木材が取付けされています。

この鴨居ですが・・・ この現場の鴨居は、縦に見えてる部分の幅は30cmほど

あります。  現在の木造住宅には、ほとんど見られなくなった ”差しもの鴨居”です。

50年前くらいの木造建築には使われていましたが、現在は残存の家屋も

少なく珍しくなってきてます。  将来は古民家の域になってきます。 

こうして、リフォームをし壁塗替えで、差しもの鴨居を残すのも

なかなか味があって好いものです。 長年の生活を支え見守ってきた木材を

いつまでも一緒に暮らして行くことは、落ちつき癒しにもなります。

来週の末までには仕上がります。・・・楽しみです!