2月に入り仕事が過密でなかなか現場記事が書けず

悩みの一つでしたが、今日は少し現場紹介できました。

屋根瓦の葺き替えで屋根下地の解体をしました。

屋根を受ける丸太梁が木組みされていました!

ここ近年の木造では構造梁は丸太梁を使われることが

めっきり少なく、新築では構造材はプレカット加工され

〔プレカット:大工さんが手加工で加工するのではなく

木材工作機械ですべてフルオートで機械加工する工法です

画像のように丸太梁は機械ラインに入らないので定寸法の

規格された木材でしかプレカットはできません!

丸太梁は、やはり強度が強靭で重荷重負荷がかかる部位には

最適な構造材です。 

今回の葺き替えの瓦は、和瓦で重い屋根の種類になりますが

この丸太梁も使われていますから、補強梁を入れることなく

安心に施工できます。