今日から新築現場の和室の造作に入りました。

洋間は、ほぼ大工造作も90%の出来高で

和室を造作すれば屋内の大工工事は完了です。

昨日は 床柱の杉無垢柱(鉋仕上げ)に、あえてブラシで擦りダメージを与えて

木材の年輪部分となる、冬目と夏目の部分を擦り出して柱の表面を浮き出し

見た目の濃淡と風合いを出しました。

( 擦り出し床柱を造ってみました )

〔 鉋仕上げの状態 〕

〔 擦り出し仕上げの状態 〕

画像では解かり難いのですが、現物はいい感じに仕上がっています。

今日は床の間の木材の化粧色づけをしました!

自然塗料をフローリング板に染み込ませて着色です。

〔 肥え松:柾目の源平無垢材 〕

濃茶に色付けで、斜めの上にある板が無塗装の状態です。

明日には床の間の部分に取り付けできます。