新築住宅の計画に伴い、施主さん所有の土地に配置計画をして

広い土地を2つに分筆をします。

そこで敷地に新築住宅の配置を決めるため、建物の位置関係の

杭打ちをしました。

新築住宅の配置計画・分筆計画

土地家屋調査士さんと打合せも行い、土地分筆の諸手続きの

準備に入ることとなりました。

新築住宅の配置計画・分筆計画

 

 

 

 

 

 

 

 

平成27年の春頃までに分筆登記を完了して

基本設計を最終決定して着工準備に入れる様

施主さんと間取り・外観・内装デザイン・見積りなど進めて行きます。

 

今回の施主様とはご両親からの依頼ですが、

その、ご両親そして祖父母のご自宅も

山内建匠で建築させていただいたので、三代に渡るお付き合いとなります。

今回もいい仕事が出来る様 頑張りたいと思います。