平成22年3月に新居神社の銅葺き屋根を葺き替えましたが

先日 近くまで行くことがありましたので寄ってみました。

葺き替え当初は銅板のキラキラした光りで真新しい感がありましたが

1年と4ヶ月が経過すると、光沢もなくなり緑黄色になっていました。

【 葺き替え当初 】

【 現在の銅板屋根 】

現在の状況をみると 屋根の変色が風格をもたらし中々いい感じです。

今後 数年掛けて銅葺き屋根の最も美しい 緑青色へと変化していきます。

すごく楽しみです。 

住宅建築でもそうですが、天然素材を使用していると

自然の持つ趣きや風格をかもし出し、単に老朽化して行くのではなく

素材の持つ気質や風景が人の心に伝わってきます。

私も更に探究心を磨き、より多くの素材と出会い そして使っていき

多くの経験と見る目を養って行きたいと思います。

緑青色