新築住宅の着工前の起工式として

『 地鎮祭 』を行いました。

地鎮祭:とこしずめまつり

 

地鎮祭は【 とこしずめのまつり 】と言います。

工事着工に合わせた起工式として

行いますが、起源は古く

西暦690年にはすでに

行われた記事があり、

土木・建築等に伴う重要な

お祭りです。

地鎮祭:とこしずめまつり

 

着工に当たり、その守護神に

無事に完成を祈願する最初の

最も意義深い重要なお祭りです。

 

斎砂(いみすな)・盛砂

土地にみかけ、

鎌・鍬・鋤(かま・くわ・すき)にて

カヤを刈り

土地に鍬を入れ 神前に

奉告する儀式を行います。

[ 斎 砂 ]

地鎮祭:とこしずめまつり

 

これから基礎工事や給排水配管工事の

準備に入ります。