以前に新築住宅の建築を

させていただいた施主様の

お父さんから

ちょっとした造り物の依頼が

ありました!

 

鉄工所の大型天井移動クレーンの

クレーン定位置停止のストッパー振れ止め

緩衝材です!

 

緩衝材には金属や樹脂ではなく

木材が最適と言うことでした。

十数年前に私の父が造った物の

取替え品での依頼でした。

 

今回の依頼で、いろいろお話を聞くと

どうも・・・!? クレーン動作の状況から

結構、木材の木種によって耐久性や緩衝性が

影響ありそうだと判断!!

 

私なりに数日…考えてみました。

今回、 木材は『 欅 』ケヤキ材で

造ろうと決断!

欅の緩衝材

 

現在の父の造った

セッティングされている木材を

父に確認すると

肥松(こえまつ)材と言うことでした。

「 なるほど・・・‼ 」

その選択も自分なりに納得も

ありましたが、

今回はやっぱり『 欅 』で造って

みたいと判断しました。

欅の緩衝材

 

欅材自体が硬い木材ですが

その中でも特に硬く耐久性がある

芯材に近い部分の赤身部分で

造ってみました。

木材の経年劣化のことも

考えてはみています。

欅の緩衝材

 

年輪も粗くなく、やたら目積みでもなく、

これくらいが丁度いいんじゃないかなと!

 

依頼主のお父さんの言葉も

「いいかもしれないね!」

って言っていただき無事に

納品出来ました!

 

さて・・どうなのか?…

期待したいところです

数ヶ月後に確認してみようと

思います。