この数日、ワイドショーのテレビでは高速道路の料金変更を常に流している。

それはそれで国民に周知させるためにはいいのだが、必ずといっていいぐらい

評論家や知名人が、物申す的に批判的コメントを言っている。

まぁ マスコミ&ワイドショー何事にも批評するのが仕事だと

僕は個人的に思っているが・・・::

現在の不景気でも最初はそうだったと思う。

2008年の10月までは不景気の気配は、大半の人には感じられていなかったと思う。

月が変わって11月には、一斉にマスコミが 『不景気になる大変だ!!』と報道。

全国一気に不景気ムードのオンパレードで、お先まっ暗感を国民に

植え付けたんじゃないかな!?:cool::::!:

今回の高速道路の料金変更で、政府は試験的に検討はデーターの為にと

実施予定と説明している。 たしかに損得はあるとは思う。

早速マスコミは “あだこだと”まず批評しているが、

あれもダメこれもダメでは、どうしようもない。。。

そりゃ念密な検討も大事だよ。。でもシュミレーション通りは無理だよ。。。!

何んとかしようと政府も行動しているんだから、

もう少し前向きなマスコミのコメントが僕は聞きたい。 

批評ばかり聞いてると、こっちまで イヤな気分になるよ。。。::

政権交代以前の、○○党の手付かず道路俗の分野に 手を入れ様としているんだから

前よりマシに思うんだけどなぁ。 もう少しポジティブに考えれる評論家は

いないのであろうか?!

すべてが悪い様にしか思えない機運はマズイと思うけどな”