住宅建築は林業産業の低迷から、住宅建築に使われる木材が

外国産の建築材に多く変わってきましたが、このままでは林業が国内産業として、

更に衰退し危機的状況です!

この低迷はいろんな要因がありますが、今日はその話は別にして

今この国の林業・森林の再生・成長・発展を考えるために、

現在いろいろなプロジェクトが動いています。

 

昨日はそのプロジェクトの一つの取り組みについての

意見交換・説明会に出席してきました!

 

山内建匠でも、その取り組みに参加し木材利用について

考えていきたいと思っています。

新しい取り組み事業とは、国産・地元産の木材を利用し、

農林水産業の強化と住宅建築主との意識改革や建築費の優遇などです!

詳しい制度の運営については、早期に検討したいと考えています。