私したち家族が

文芸社の詩集 : “ こころのおもむくままに ”』

中で詩集として載っています。

sshpdsc_0014

日 町内の廃品回収があったので、

家をかたずけていた時に 詩集を見つけました。

最近見かけてなかったので発見して良かったです。

者は地元の大生院在住の方で

ご夫婦で教員をされてて、現在は86歳

まだまだ元気で家業の農業をされています。

域の人々や田舎暮らしのコトなどを

長年に渡った詩集を、まとめた著書です。

《 建匠として 》

《 建匠として 》

sshpdsc_0010

容は、私の父や匠家(家業:大工)についてで

私には とっても気に入った詩です。

sshpdsc_00271

著者の奥さんは

僕の小学校1年坊主の時 担任の先生でした。(苦笑)

先生・・・どうもありがとう!