現場から鑿(のみ)を引き上げてきました。

 

彫刻鑿の手入れ

 

『和牛じゅう兵衛』の造作で使かった道具ですが

店舗のオープンが出来れば一息つけるので

鑿の手入れをしたいと思います。

また使うまでに刃先を砥いでおきたいたいです。

道具はいつでも使えるように

しておく事が大切で特に刃物は必衰です!

 

弟子の時代には、いつも親方から刃物の手入れは

口うるさく言われ、朝から晩まで鑿砥ぎをしていた事を

思い出しますが、近年の建築では新建材や既製品の造作材を

多く使うことで刃物を使う機会が少なくなっており

大工の日常の仕事内容も変化してて、

当たり前の事が

特別になってきてる事がさみしく感じる次第です!

 

「昔ながらの・・・」って言葉になってきてます。