《シリーズ:神事の第8弾です》

『さしがね』の家相方位と言われても

何のこちゃ? 意味?解かんない!・・・と思いますよね。

『さしがね』には家相の吉凶を定めた方位を記入しています。

吉凶尺・魯班尺・門尺・唐尺とも言います。

この吉凶は聖徳太子が、建物に関する吉凶の方位や

寸法を工匠(大工)達のために、添記したと言われてます。

『さしがね』に方位として【義・離・病・劫・害・官・財・吉】

8文字書いています。

その8文字を方位に見立て、下表の様に言われています。

〔東〕   【義】:神棚吉・台所・便所所

〔南〕   【離】:玄関・廊下吉

〔西〕   【病】:台所・便所凶・仏壇吉

〔北〕   【劫】:便所・浴室凶

〔北東〕 【害】:便所・台所大凶

〔南東〕 【官】:玄関吉・便所・台所凶

〔北西〕 【財】:床の間・仏壇吉・玄関凶

〔南西〕 【吉】:玄関・階段・便所凶

家相方位をよく言われるのに、表鬼門・裏鬼門がありますが

それと同じ意味と考えてもOKです。

最近は全く気にせず建築される方も多く、

現代の住宅ライフスタイルから考えても、むしろ8方位全てに

吉となる間取りは難しいと思います。

聖徳太子の飛鳥時代に考えられたことですからね!

それでも現代に多少ですが承継されている事実に

僕は、先人の工匠たちへ尊敬と感謝の念を忘れてはいません。

この工匠たちの歴史を忘れる事無く、受継ぎ現代の建築に

生かしていきたいと思います。