一昨日のことです!

築50年ほど前の入母屋民家の

屋根瓦と雨漏り確認を

施主様から依頼があり

天井上の小屋裏へ

入って調査開始しました。

親父の名の棟札

 

現場に来る前に

父(親父)が、自分が若い時に

新築を建てさせて頂いた家だよ!

って聞いていました。

 

天井上の照明を準備して

調査開始です。

 

棟の下部分に棟札があり

あまり傷んだ状態でなく

どちらか言うと、綺麗な状態

 

けっこう棟札は 白紙の包みや

扇などはネズミなどに

かじられボロボロが

多いのですが

 

綺麗な状態です!

親父の名の棟札

 

棟札には棟梁の名が

私の父の名前でした!!

わかってても・・・感動です。

親父の名の棟札

裏面には上棟日が書いてあると

思いますが、外すことはせず

そのまま眺めて

ちょっと平常心とは違った感じで

調査作業を行いました。