工事前です

       屋根を解体しました

90年前の屋根の骨組み状態に戻りました

梁丸太や梁の継ぎ手などは当時の工匠の技が

施されています。また 当時は木材自身の寿命を考えた

木組みや古材も転用していました。

昔にさかのぼる程 木材を大事に無駄なく使い、先人の工匠達

の方々には尊敬の念を抱きます。

現代で言われる『エコ・省エネ』は、先人の工匠達には

当たり前のことだったでしょう。

屋根の歪や損傷部分は修繕して屋根の葺替えを行います

  和瓦を葺き屋根は再生されました

アルミサッシュも新規に取付

桧の腰板を張り 新築のように再生されていきます。

外観は70%の出来で、現在は屋内を主に施工中です。

まだまだ2 3ヶ月くらい工期が必要ですが、工事が進むにつれ

再生される家の姿を見て 施主さんが喜んで頂いており、私達

職人も やりがいを感じ作業を行っています。