来月から着工予定の新築工事の骨組みとなる構造材の木材が

徐々に作業場に搬入されています。

これらの木材は建前えまでの構造材で、

手作業で墨付け(加工寸法のケガキ)をして、手仕上げで加工します。

近年はこの構造材の加工を外注業者に依頼する

プレカット施工が一般的になりましたが、やはり大工職人の技術で

手加工で仕上げると、強度は全く強くなります。  

大工の技術の承継と言う意味でも価値ある作業です。