玄関:屋根から雨漏りのため・・玄関のみ 瓦の葺替え

施工前の状態です。

【瓦の撤去作業】

築40年以降 では、瓦葺き施工は屋根下地板の上に赤土をのせています。

なぜなら、主に赤土が瓦のすわりを安定させるための下地材であることなどです。

その他にも細かく要因はあります。

現代の瓦葺きでは、釘留めやズレ止め桟打ち施工となっています。

阪神淡路大震災で家屋倒壊の要因の一つに この赤土による屋根の重過重が

あげられ、それ以降 赤土を使用されることが極端に少なくなりました。

最近は防災瓦仕様となり瓦の技術開発はどんどん進んでいます。

屋根の下地は補強をし、損傷箇所及び天井板は取替えます。

今回の工事では いぶし瓦:淡路島産にて葺替えます。